ラブリーベイベー
英国ニューカッスル出身の夫・ベリーダンス・パンダが大好きです!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


考えてみて?!

今日はちょっと重い内容です・・・。

今日始めて見たブログ。
国際結婚でイギリスに住んでる方らしい。
最近の書き込みは、共通点もあるし、親近感をもって読ませていただき
ました。んで、時間があったので古い書き込みも読んでると、ちょっと
嫌な書き込みが・・・。
差別についての書き込みだったんですが、どうも、小学校に通う娘が
「アジア人のハーフだから」とか日本語の音が変だからとかで
からかわれたらしいんです。そのことで差別について怒ってる日記な
わけで、それはやっぱり気の毒だと思いました。
でも、そのあと、そのからかってる子の家庭の事情を書いてて。
イギリスには結構、国から生活補助のお金をもらって生活してる家庭が
多いんです。ほんといろんな事情があって。両親が仕事が見つからない
とか、身体的に働けないとか、子供が多いから家事を両親がやらないと
とか。ま、なかには生活補助で十分だからって家族もいますけど。
で、そのブログの方は、そういう家庭の人たちのことをとても
悪く思ってるらしんですね。そういう家庭の人たちを一まとめに
「常識がつうようしない人たち」とか「育ちの悪いひとたち」とか
「嫌い」とか・・・。でもそれこそ差別でしょ?って言いたくなりまし
た。まわりの「イギリスに住んでる日本人友達」も「私も嫌いです」
とか「撲滅運動しませんか?」とか平気で書いてます。

私の夫の親戚、4家族中、2家族は生活補助を受けてました。
1つの家庭は子供が5人いて、両親で家事・子育てしてました。
本当に子供が大好きな父母で、もう45歳くらいなんだけど、まだ
もっと子供が欲しいなんて言ってます。>実際には作らないけど
長男はいま23歳でヘルパーの仕事をしてますし、長女も仕事してるし
次女は軍に入って船の上で仕事してます。なので今はもう生活補助も
もらわないで、上の3人の子供+父が仕事初めて家族みんなを養ってる
みたいです。
もう1つの家庭は子供3人。みんな女の子。父は昔タクシーの運転手
だったんだけど、目の病気で働けなくなっちゃったそうです。
で生活補助をうけてました。今は長女、次女が仕事して、家族を養って
ます。
両方の家族ともいつも一緒にいて楽しそうで、幸せそうで。
アジア人の私に初めてあったときから、いまでもずっとよくしてくれて
ます。娘が増えたって言ってくれてるし、日本に帰る日には空港まで
来てきれて、ハグして、さらに「寂しくなる」なんて泣いてくれます。
差別なんて感じたことないです。
だから「生活補助を受けてる人だから」なんて差別はしないで欲しい。
読んでて本当にかなしくなりました。

私は国際結婚をするって決めたときには、イギリスに住んだら差別を
受けるかも、とか、ハーフを産んだら日本にいても、イギリスにいても
いじめにあうかも、とか真剣に考えました。
かなしいけど、人種差別が絶対ないとはいえないし。
夫も日本に住んでる限り差別を受けることもあると思ってます。
実際、外国人を見慣れてない子供たちは普通に夫を指差して何か
言ってたり、近くにいくと泣いたり。夫は「日本に住むって決めた時に
差別されることを考えたけど、それ覚悟で日本に来たから大丈夫」と
言ってます。私もそう通りだと思います。

自分がいくら頑張っても差別はなくならないんだから、せめて自分が
きめたこと(外国に住む・ハーフを産む)に自信を持って、
強く生きるしかないと思います。それを覚悟して行動してきたんじゃ
ないんですか??それと自分が差別でいやな思いをしたら同じ思いを
人にさせないように気をつける、これが普通じゃないですか?

海外に行く方は必ずどこかで差別的なことを言われると思います。
そんなときこそ、笑顔で対応しましょう。
その人にとって始めてあった日本人が、「日本人」の印象になります。

私は海外に行くとほぼ100%中国人と間違われます。
とりあえず「謝謝」と言ってその後「でも実は日本人なんだ」と
返すようにしてます。笑
ほとんどの人は笑いながら「そっか。ごめんね。アジアの人は
どこ出身なのか区別つかなくてさ」と言ってくれます。
そこから「じゃあ日本には何があるの?」とかなぜかサムライの話に
つながったり・・・会話が生まれます。

まあ、かなり長くなりましたが、差別はよくないことです。
するな!ってのは難しいことなので、せめて公の場で差別を
言うのはやめましょう。必ず誰かが傷つきますから。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

りぃさん、こんばんわ(^^)。
私はいま大学で、若い子たちに混ざって勉強しているのですが、差別というほどのことではないけど、学生や大学からへんな扱いをされることがあります。日本人同士でも、年齢が違うという理由で、排他的になってしまうこともあるのだな~って、学問よりそっちの方が勉強になってたりします。差別(意識)って、とても難しい問題ですね…。私もりぃさんやだんなさまのように、前向きになれれたらいいな…(ガンバリマス^^)
【2007/05/20 23:31】 URL | Aoi #ZK/TaodE[ 編集]

いつも楽しく拝見しています。

人って、無意識でも意識的でもやっぱ差別しちゃいますよね。
でも一人ひとりが差別の連鎖を断ち切る努力をしないと
差別は広がるばかり。
自分が差別されても、他の人には同じ嫌な想いをさせないようにしようって
再認識させられました。ありがとです☆

私も公の場で差別発言をする人は信じられません。
最近ネットで気軽に文章が書けるようになったこともあってか
公の場での発言の重さを認識してない人たちがたまにいて
恐くもあり、腹立たしくもあります。
ほんま、これから人間のモラルがますます試されるときのような気がしますね

私もりぃさんみたく、「謝謝」みたいな返しができるようになりたいわっ(^o^)
【2007/05/21 10:22】 URL | さとまめ #-[ 編集]

りぃさん、こんばんは!
りぃさんも、だんなさまも、
心を強くもって生きていらっしゃるのだな~と
思いながら、読ませていただきました。
 
人を傷つけずに生きられる人って、おそらくいないと思います。
相手にとってよかれと思ってしたことが、
実は相手を傷つけてしまうこともあります。
自分を守るために、周りの人のことまで
考えられなくなってしまうこともあります。
だから、人を傷つけずに生きよう!なんて、
神様みたいなこと言うつもりはまったくありませんが、
せめて、自分がされて嫌なことは
しないようになりたいものですよね。
 
世界の平和は、パンダの祈りでもあるのです。
(いきなり、パンダかいっ!)
自分の身近なところから、
やさしい世界をちょっとずつ広げていけたらいいですね(^∧^)

私も、さとまめさんと同じで、
考えるきっかけを与えてくださって、感謝してます☆
【2007/05/22 00:38】 URL | オレンジ #GWG7oyQ.[ 編集]

イギリスに住んでいる日本人夫婦パンダ家族ですが、公で差別発言をする人たちは許せません。りぃさんのおっしゃるとおりです。人をあるカテゴリでまとめて一般化することは出来ませんし、そのカテゴリで差別的な発言を、それも、公の場(一般公開ブログなど)でするなど、モラルが低いというしかありません。

しかし、実際モラルの低い日本人らしき人々をイギリスで見かけるのも事実なのです。ふるさとの同胞として戸惑うこともしばしばあります。私もアジア人の一人ですので、運悪く不公平な扱いを受け(た気がす)ることもありますが、それでひねくれたり、くさったりしないで、広い心をもって生活していきたいと常々思っています。
【2007/05/22 03:38】 URL | nobo #Wz0VczOs[ 編集]

私はずっと認知症専門の病院で働いてるんだけど、患者さんに対する差別的発言を耳にすると
やっぱりスゴクスゴク嫌だな。。。
『知らないくせに!』『知ろうともしないくせに!』ってものすごく悔しくて悲しくなる・・・。
一人一人にはたくさんの個性があって、背負っているものがあって、過ごしてきた人生があるわけで。。。それを無視しては関係は築けないよね。それを大切に大切に、優しく人と接することができたらいいな。
【2007/05/22 21:08】 URL | くり #-[ 編集]

みなさん、お返事ありがとうございました。
重い話でなかなか避けて生きてたけど、
やっぱり考えなきゃいけないことですよね。
これからもよく考えて行動しようと思います。
【2007/05/22 21:20】 URL | りぃ #1MqZTUZc[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

りぃ

Author:りぃ
こんにちわ。
りぃです。

イギリス・ニューカッスル出身の夫と結婚して5年目。
笑いと愛のたえない生活を心がけてます!

最近ベリーダンスにどっぷりと使った生活を送ってます。
はやく素敵に踊れるようになりたいです。

趣味のお店はこちら
http://loveleebaby.cart.fc2.com/


ブログ応援

いつもloveleebabyの応援ありがとうございます!

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


amazon検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


最近の記事


FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。