ラブリーベイベー
英国ニューカッスル出身の夫・ベリーダンス・パンダが大好きです!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まだいますよ

昨日は「日記はお休みかも」と書きましたがちょっと状況が変わってきまして
まだいます。今日の夜、やっとこママと連絡が取れました
思っていたよりも全然元気で「今日の天気はどう?」「どこ行ってきたの?」など
普通の話盛りだくさんでした。よかった

一応、国際結婚生活を綴る(はず)のブログとして、今回は(珍しく)イギリスの
葬儀について触れたいと思います。
・・・重く考えないでくださいねと、いうことで久しぶりに絵文字なんか使っちゃいます。

日本では亡くなった翌日にお通夜、その次の日にお葬式っていうのが一般的ですが、
イギリスでは1週間~10日後に教会で葬儀というのが多いそうです。
この間に警察がいろいろ調査したり・・・これが大変らしいです

そして火葬・土葬は家族が決めるそうです。
よく映画でみる、ベールの黒いのみたいのは喪主とか、家族か着ることが多いそうで、
今回、私は日本と同じような黒のシンプルな洋服なら何でもいいということでした。(あたりまえ

また、日本のようにお金をあげる習慣はありません。
お花を送る方が多いそうですが、家にいっぱいお花が届いても
さみしさが増すので嫌がる家族も多いそうです。

・・・やっぱり絵文字は苦手です、面倒。笑

私にとって、イギリスの葬儀に参列するのは初めてなので、わからないことが
たくさんあり、ママにいろいろ教えてもらいました。
かわりに日本の場合も教えたところ、「お金を渡すことはとっても助かるね」と
言ってました。イギリスは政府からの保護的なお金がだいぶうまく回ってるように
感じてましたが、葬儀に関しては別のようで(保険とかで違うのかも)1/4くらいは
自腹だそうです。それもかなりの額になってしまうらしく、夫を亡くしてしまった叔母に
とってはこれからの生活も大変だろうと思います。

なので夫は「僕たちが行っても何もしてあげられないから行くお金を送ってあげたい」と
言ってます。私は日本の考えしかないので、こんな時こそは行かなくちゃと思ってるのですが。

とりあえず、まだ教会へ行く日が決まってないそうなので決まり次第、日にちが
間に合えば渡英、間に合わなければ送金にしようと決めました。
 
なのでまだしばらくはいつもの生活を続けてます。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




プロフィール

りぃ

Author:りぃ
こんにちわ。
りぃです。

イギリス・ニューカッスル出身の夫と結婚して5年目。
笑いと愛のたえない生活を心がけてます!

最近ベリーダンスにどっぷりと使った生活を送ってます。
はやく素敵に踊れるようになりたいです。

趣味のお店はこちら
http://loveleebaby.cart.fc2.com/


ブログ応援

いつもloveleebabyの応援ありがとうございます!

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


amazon検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


最近の記事


FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。